ときどきお泊りディズニー。都内から。。。

年数回、家族でのお泊りディズニーが楽しみです。 子どももディズニーが大好き。(小5女子、小1男子) 都内に住んでいますが、お泊りでゆっくり楽しんでいます。

           ☆ご訪問ありがとうございます☆
      慣れないブログと、つたない写真&文章ですが、
      少しでもディズニー愛がお伝えできれば、と思います。
      ディズニー旅行メインで書いていこうと思っていますが、
      ディズニーに関係したことや、家族旅行記も書いていければと思います。

(ディズニーに行っていないときは、備忘録もしくは、その他もろもろなことを書いていますので、ご了承ください。)

→ トーマスランド

トーマスランド その2 「リサとガスパールタウン」


富士急ハイランドのつづき、です。


富士急ハイランドの中でなく、隣接して「リサとガスパールタウン」なるものがあります。
入園料などはかかりません。
夜になると、ライトアップされてキレイだったり
今回の目的はトーマスランドだったので、あんまり重視していなかったのですが、この「リサとガスパールタウン」がとっても可愛くて、嬉しい想定外でした


ちなみに。
いずみ家は「リサとガスパール」自体も、全然理解しておらず。。。
ペネロペはいくつか絵本を読んだことはあるものの、それほど好きなわけでもなく。。。


でも。
この「リサとガスパールタウン」は、ちょっとおしゃれな街並みの雰囲気で、乗り物が少しとお店が並んでおり、写真スポットも多く、可愛らしい場所でした


BlogPaint

パンやお菓子を販売しているお店です。
とにかくリサとガスパールがいろんな場所にいて、かわいいんです。


ティーサロンや体験工房もあります。

BlogPaint

長女が行きたがったのですが、時間が合わず行けずに・・・


BlogPaint

ティーサロンもおしゃれでした。



BlogPaint

お土産も販売しています。
リサとガスパールのとりこになり、お菓子や、カレンダー、グラス・・・などを購入してしまいました。


カルーセル(メリーゴーラウンド)があります。
これがまためちゃくちゃ可愛かったです

BlogPaint

長女はガスパールと。
後ろに富士山も見えます。
ライトアップもきれいです。



BlogPaint

長男はリサと。
コンパクトなカルーセルで、乗らずに見ているだけでも素敵でした

あまり混雑しておらず、この時は貸切でした。


時間帯によっては、リサとガスパールが出てきて、一緒に写真を撮ったりすることもできます。


ちなみに。
子どもたちが来ている服は、おそろいディズニーですね。
12月の寒い時期でスケートをしたりもしたので、いわゆるスキーやスノボをするための服を準備していきました。
氷点下ぎりぎりの寒さだったので、正解でした。


富士山の近くにお出かけの際は、ぜひぜひオススメです


おしまい。



トーマスランド その1 「パーシールーム」「トーマスランド」


ディズニーでない備忘録をちょこっと。。。
(ほんとにごめんなさい・・・
ご興味のある方はご覧いただければと思います


昨年12月に山梨県の富士急ハイランドと、ハイランドリゾートホテル&スパに行きました。
富士急ハイランド、というと、絶叫マシンやこわーいお化け屋敷が有名ですが・・・(あと冬はスケートですね)

実は。
「トーマスランド」なるものがあるのです。


似て非なるものなのですが、「トーマスステーション」というものは全国5ヵ所にありますが、「トーマスランド」は富士急ハイランドにしかありません。
お隣には、「ハイランドリゾートホテル&スパ」があり、トーマスにちなんだお部屋があるため行くことになりました


目的は。。。
トーマス大好きな長男のために。
ミラコスタ並みに大変だったお部屋を、何とか予約しました。
お値段もディズニーホテル並みだったので、ちょっとビックリでした



ちなみに。
昨年の2月に宿泊状況(土日)を確認し、予約できる一番早い日が12月の年末だったという・・・
どうも。。。
それぞれのお部屋が一部屋ずつしかないようで・・・そりゃなかなか空きがないよね・・・と思いました。


トーマスにちなんだお部屋はいくつかあり、1番人気は「トーマスルーム」と「パーシールーム」で、お部屋の中に「どん」とソファー型のトーマス、パーシーがいます。

他のお部屋も、別のキャラクターや駅や港にちなんだお部屋があり(今はスィートルームもできたようです)、個人的には他のお部屋の方が泊まりたかったのですが。


写真が続きます。


DSC_0421

「トーマスルーム」と「パーシールーム」からは、窓から富士山が見えます。
(他は富士急ハイランド側のようです)
お天気もよかったので、何よりこの富士山の景色が圧巻でした
ちなみに。
旦那さんは出身地のため、全然感動しないそうです・・・


宿泊したのは・・・
「パーシールーム」でした
長男は緑好きのため、トーマスよりパーシーが好きなのです

BlogPaint

これを見たときの2人のテンションはすごかったです



BlogPaint

後ろから。
壁には、トーマスのいるソドー島の地図もあります。



BlogPaint

ベット側です。
壁一面トーマスの世界です。
そして、長男が好きな緑だらけ・・・



BlogPaint

夕食は、ルームサービスで「トーマスパーティセット」をお願いしました。
キャラクタールーム限定で予約制です。
子ども用は本来1名分しかついていないので、もう1名追加でお願いしました。
なかなかおいしかったです



BlogPaint

ヒロですね。
日本出身だからか、みんなヒロは好きですよね。


「トーマスとパーシーのわくわくランド」です。
客車に乗ってぐるりと周るのですが、いろんな仲間たちに会えます。

DSC_0462

まずはトップハムハット卿。
子どもたちは、列車のキャラクターが好きですが、私はトップハムハット卿がけっこう好きです
思いのほか「ちっちゃ!!」という感じでした。
(列車に合わせたサイズなので当たり前なんですが



DSC_0464

いたずら貨車たち。。。



DSC_0465

ディーゼル10です。
この顔がディーゼル10を物語ってますね。



DSC_0398

フリンです。
消防車ですね。



トーマスランド内に、パーシーとトーマスがいます。

BlogPaint

どちらにも乗れるようになっています。

BlogPaint

トーマスの横には、トップハムハット卿がいます。
(この写真では切れちゃってますが



BlogPaint

唯一の屋内レストランです。(他は売店のような形です)
とりあえず、食事時間帯前後はずーーーっと激混みで、ファーストフードのようなスタイルなので、席が空くと争奪戦のようになっていました。
いずみ家は、食事時間にはかからないときに、ちょっとお茶をすることができました。
レストランの一部を、アトラクションの列車が通るようにできていて、列車がそばを通る席は大人気でした。


はじめ、トーマスランドに行く前は「どうかなぁ・・・??」と半信半疑で出かけたのですが、トーマスのクオリティはとっても高く、なお且つ、アトラクションも幼児向けで、全体の広さもちょうどよく、2~4歳くらいのトーマス好きにはたまらない場所でした
トーマスにはキャラクターがたくさん出てきますが、いろんなキャラの乗り物があって、楽しむことができます。
小1の長女も楽しんでいました

ちなみに。
富士急ハイランドは少し年代も感じますが、トーマスランドはそんなことはなく、ピカピカできれいです
ただ。
ハイランドリゾートのパーシールームについては、シーツに色あせ感があったり、絨毯に汚れがあったり(もちろん清掃はきちんとされていて、その上で落ちない汚れではあるのですが)、そのあたりがディズニーとちょっと比較してしまったところでした。
もちろん子どもが連日宿泊するお部屋なので仕方ないと思うのですが、ただお値段はディズニーと同じくらいだったので。。。
細かいことを申し上げてすみませんですっ


とは言いつつ・・・
家族みんなで楽しめたトーマスでした



自己紹介

☆いずみ☆

いずみ、と申します。
アラフォーです。

二人の子どもの子育てと仕事で、慌ただしい毎日。。。
そんな中で、年数回のディズニー旅行を楽しみにしています。

以前、都内のホテルで働いていたこともあり、ホテルに泊まることも大好きです。

そのうちに、子どもが相手をしてくれなくなるのでは、と不安に駆られています。。。

カテゴリ別アーカイブ
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード